記事一覧

(1) 金曜夕方の新幹線をナメていた/函館オフ ( 北海道1日目)

出発日は決まっていたものの往路は新幹線なので、
新幹線なんていくらでも走ってるから当日考えればいいや
などと軽い気持ちで駅へつきますと……

仙台まで ×  盛岡まで ×  新青森まで ×  秋田まで ×

……はい。
金曜夕方下りの需要をナメてました。
仙台までやまびこで足掻く案なども浮上したものの、仙台→新青森は席がわずかに空いていたので購入し、仙台までは立席に。
のぞみで満席区間を立席(自由席)にすると、その区間に応じて特急料金が調整されるのですが、はやぶさは全区間指定席の料金と同じなのだそうです。

大宮1646-1937新青森 はやぶさ27 E526-406
乗ってみるとたしかに混んでいますが、チラホラ空席があるので着席。
仙台、盛岡、二戸と降りる人は多いのですが乗ってくるのも多く、空かないw
次回はやぶさに乗るときは事前に指定席を確保することを固く誓いつつ新青森に到着。


↑混んでると長く感じるものですね。。

新青森1947-2149五稜郭 スーパー白鳥27 モハ788-205
スーパー白鳥といえば、忘れはしない5年前の夏、はやてから乗り換えてみると……
既に 通路 が埋まっていた
ため、八戸→函館の3時間ほどを立席(先頭かぶりつき)で過ごした……という列車。
新幹線が軒並み満席でビビったこともあり指定席にしたのですが、今日はガラガラ。


↑気を取り直して行きましょう!

青函トンネルを経由する列車に乗ると、本州側も北海道側も前後にトンネルがいくつかあるため「入ったかな……?あ、違った」を繰り返すことになるのですが、789系は車内表示機にてトンネル名称が案内されます。


↑赤字で盛り上げますw


↑車両の絵がかわいい。


↑各列車ごとのスケジュールも案内されています。そして五稜郭到着。


函館ぶらり
五稜郭駅にatyupi氏が車で迎えにきてくださり、二鳥目本店へ。
地元で人気のようで、イカ、刺身、イクラ丼などをおいしくいただきました。


↑イカが泳いでます

その後は函館山へ。22時を過ぎるとマイカーでものぼれます。
(平日・かなり寒いので、居るのはごく少数でしたがw)


↑空気が澄んでいて、とてもきれい。

そして山を降りながらラッキーピエロに電話注文しておき、閉店間際に入店w 相変わらずのぶっ飛んだ外観・店内。おいしくいただきました。


↑夜見るとちょっとコワイ……?w なお時間が遅かったからか、チャイニーズしか選べませんでした。

満腹になって、函館駅へ送っていただいて解散。
函館滞在は2時間半ほどでしたが、非常に濃密な時間を過ごせましたw
atyupi氏には重ねて御礼申し上げますw

関連記事

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント