記事一覧

(2) バス当江線/北斗星ロイヤル (北海道2日目)

北斗星に乗るため……ということで来ました北海道。
2日目はゆっくりスタートで日中は札幌近郊をプラプラ。

札幌1140-1217石狩当別 モハ721-1
車両は721、731、733、735と何でも来るそうで。
たまたま乗ったのが、北海道医療大学行だったので、石狩当別まで移動。
あいの里公園以遠は本数が半数以下になりますが、景色もガラっと変わりますw


↑左は桑園付近、右は石狩太美付近。札幌駅から30分ほどでこの変化w


↑石狩当別駅前は雪深い。

当別駅1230-1303江別駅 (下段モータース)バス当江線
当別町コミュニティバスのような位置付けではあるものの、元・北海道中央バスの路線。
平日のこの時間帯、車種は何かな……と期待して待っているとハイエースでしたw 全体で5名が利用。
病院への行き来等のため、平日でも一定の利用はあるようですが、完全民営だと苦しそうな感じでありましーた。
車販アイスでよくお世話になる「まちむら農場」を目撃しつつ江別駅まで乗車。

江別1327-1340上幌向 モハ733-113
たった13分で360円であるw


↑駅名板の向きが直角w そして雪ではなく雨が降り出す。。

こんな小さな駅(というほど寂れているわけではないが)で
「東京までの乗車券をお願いします、在来線経由で。」
などと注文してみるなど。 (北斗星の寝台券を確認のうえ、すんなり発券されましたw)

雨のなか上幌向駅から温泉施設ゆららまで歩くも、雨で足元が非常につらいw
15分ほどかけて到着し、路線バスについて尋ねると施設運行の送迎バスを勧められるv
メンズDayとのことでタオル館内着コミ500円。暴力的風雨の露天風呂を楽しんで退散w
送迎バスでは(明らかに地元民ではないこのにーちゃんは何……?)という空気を感じつつ岩見沢駅まで約15分。


↑新幹線の駅のような岩見沢。さすが特急停車駅である

岩見沢1535-1621M3札幌 区快 モハ733形
札幌まで各駅に停車。貨物が深川車両点検だとかで、1525先行のスーパーカムイM17、区快が江別まで先行の案内。
向かい側を見ると、引退の迫る711系が旭川方面へ発車していった。寝て起きて降りたので当然のように車番を見忘れw


さて、いよいよ北斗星ロイヤル。
前記事のとおり、10時打ちに通ったわけでもなく、前々日に偶然キャンセル分を拾えたのであります……w


↑いざ乗車

札幌1712-1008上野 北斗星 オロハネ25-501
ソロ利用時に、ロイヤルは良いなぁ……と思いつつ通り過ぎるわけですが……


↑どーんw

10号車とはやや内装が異なるそうですが、ザ☆平成初期のゴージャス感(何 があって良い感じであります。
発車後すぐに車内改札、限定グッズ販売は長万部発車後に行うとのこと。続いてウェルカムドリンク。


↑全部飲んだら文字通りの「夢落ち」になりそうですw アメニティは室内にあります。

南千歳付近でシャワーカード売切れの放送。安全に確保するためには札幌発車前から食堂車に並ぶのですが、本日は……
そんなの関係ねェ!
のでありますw(殴


↑ロイヤルは室内にシャワーあり。折畳み便器があるので、ちょっと居心地はアレですがw


↑頭上の棚から部品を出すと、ソファ状態にできます。


↑札幌駅購入の駅弁と車販のつまみ類、サントリーロイヤルをいただく。

洞爺から1~4号車、長万部から5・8~11号車旅客に対しグッズ抽選会。
NREの車販とは関係なく、札幌車掌所がロビー室で開催するもの。今は供給が追い付かないため不定期開催だそうで。
酔い覚ましがてら参加するも全く当たらず、
(アナタその商品の価値わからないよね!?)
といったお子様方が当たる当たるw 
良い大人がヒガムのはやめましょう(
ま、世の中そんなもんですよね。清い心の持ち主には神のご加護があるのですw

函館を発車し、安定の22:10頃に食堂車を覗きに行くと7~8組待ちでおそらくL.O.までに着席できないとのこと。。
せっかくのロイヤルなのでルームサービス権を行使させていただき、ビーフシチューとパンを注文。1860円也。
15分弱で部屋へお届け、おいしくいただきましーた。


↑ちなみにルームサービスは室内の直通電話でも依頼可能。

青函トンネル内では、今回も急行はまなすと離合する時だけピィ!ピィ!とお互いに汽笛で合図。
本州に入ると雪が強まり、風も強まる。


↑蟹田の運転停車。

浅虫温泉で謎の停車ののち25キロ走行となり、強風による規制がかかった模様。
ゆっくり走っているうちに室内シャワーを利用し、所定02:38の盛岡に着く前に寝落ちzzZ……

関連記事

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


月別アーカイブ