記事一覧

(2) 仙石線被災区間(野蒜~東名~陸前大塚)を歩く (東北2日目)

仙石線の現況確認をしてから山形方面へ。


↑719系でスタート。

仙台0830-0916小牛田 クモハ719-23
ラッシュと逆方向なのでガラガラ。塩釜松島のかっ飛ばしが心地よい。


↑浦宿~女川間はまもなく運転再開。

小牛田0928-1008石巻 キハ48-1545
ハイブリッド気動車(仙石東北ライン用)を見かけましたが、こちらはいつものキハ48。

石巻1013-1033陸前小野 キハ110-244
久々の石巻、仙石線のキハ110もあと数か月で見納め。今回は2両編成。
代行バスへの乗換は矢本(駅前ロータリーあり)で……と案内されますが、陸前小野まで乗車しても問題なし。
矢本~陸前小野間は本数が少ないですが、春休み中の子供たち等が利用していました。


↑陸前小野に到着。


↑陸前小野駅から松島海岸方面。


↑代行バスは駅から少し歩いて、国道沿いにあります。

陸前小野1043-1053野蒜 代行バス
東洋交通2台での運行、1台目に乗車。車内には仙台-石巻間の高速バスの広告。。
途中で仙石線付替新線が分岐、1駅とはいえ距離もあるため10分かけて到着。


↑野蒜駅舎。跡地にはファミマが入居しています。


↑ホームは震災当時のまま特に手を付けられていない様子。

野蒜~東名
2km弱の道のりを歩きつつ様子を観察。そして徐々に雨が強まる。。
2011年7月に訪れた際にはかなり荒れていましたが、4年経ってだいぶ片付いた感。
街の機能(&仙石線)は内陸へ移転させるため、通るのは工事関係車両ばかり。


↑線路もはがされています。津波ラインは見上げる高さ。


↑東名付近の陸橋より野蒜方。右は東名駅跡地。資材置き場になっており、ホームもありません。

東名~陸前大塚
30分ほど余ったものの、東名駅跡地付近には何もないため、さらに1.5km弱を歩くことに。
雨のなか歩いていたら、ついに水たまりを避けきれずに水没。。


↑内陸へ移設となる仙石線の新線区間、陸前小野付近。

陸前大塚1159-1217松島海岸 代行バス
松島が拠点と思われる日本三景交通で1台運行。
「乗車駅証明書を受け取るように」とHP等に記載があったが、車内で渡されたのは
「東北地方太平洋沖地震に伴う代行バスに乗りましたよ」
という内容の紙切れで、乗車駅はもちろん、路線や日付すらも証明されない代物でしたとさ。。


↑あぁ松島や。


せっかくの松島ですが、雨の中歩いて観光もアレなのでスルー。
松島海岸からは仙石センセキセンセキ線特別快速うみかぜ号で仙台へ。
そして検索してみるとMOTORMAN仙石線2015などというものを発見w

さて、仙台から山形への移動ですが、時刻表を見ると仙山線の快速がかなり少ない。。
そして快速も愛子まで各駅停車のものばかり。いつの間にやら仙台近郊がメインとなってしまったようで。
高速バスは本数も多く、山形自動車道をガンガン走って約1時間で着くということで賑わっている模様。

さて、乗り場はどうせバスターミナルの端のほう だろう と適当に歩いても22番乗り場は見つからずw
山形交通担当便で、仙台市内でやや遅れが出るも仙台宮城から高速にあがると順調に走り、ほぼ定刻で到着。
運賃は930円、やはり回数券利用者ばかりw


↑高速を巡航中は寝てれば良いのでラクなのだ

 

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント