記事一覧

(1) はやてグランクラス/八甲田山ドライブ/函館夜景 (北海道1日目)

いつかはクラウン……ではなく、いつかはグランクラス。
登場当初から乗りたいという話が出ていましたが、夏のボーナス後のこのタイミングで初利用。


↑乗車券はレール&レンタカー利用、特急券はえきねっと割引で1000円弱お安い。

グランクラスという「ソフト面のサービス」に対して1万円というのは、なかなかインパクトがあります。
正規料金では東京→新青森で総額26000円強と、庶民が常用するのは難しい料金設定ですw

↑東京駅にF氏、i氏と集合。併結こまちがE3系(最高275km/h)だと「はやて」になります。

東京1056-1430新青森 はやて31号 E514-6
前後に「はやぶさ」もありましたが、良いサービスをより長い時間利用しよう……という魂胆で当列車にしましたw
ほら、近鉄の名阪特急アーバンライナーも「2時間あるからちょうどイイ」と主張しているじゃないですか。


↑アーバンライナーのゆりかごシートもビックリの仕様。

発車直後からアテンダントがきめ細やかなサービスを提供してくださいます。
アルコールも無料で頂けるのですが、降りた後レンタカーなのでりんごジュースを選択。


↑軽食サービス。おいしかったけど、育ち盛りにはちょっとモノ足りない……?w


↑流れる景色を横目に、やはり無料サービスの茶菓子とコーヒーを頂く。

福島の手前で速度が落ち、上りつばさ遅延による交差支障か……?と思っているうちに通過線に停車。
東京-大宮間で停電とのことでしたが、下り方面は特に問題無いようですぐに発車、仙台M5。
ここで、グランクラスの多くのお客が下車。う~ん、ブルジョワだ……

やはり軽食だけでは腹は満たされず車内販売で弁当を買おうと画策するも、土曜朝の下りということで旅行客が多く完売御礼とのこと。。東京駅で非常食を買っておくべきでしたね。


↑優雅にティータイムをしているうちに八戸。ここから先は未乗区間。

そうこう(走行)しているうちに新青森到着。グランクラスで全区間乗り通したのは私とF氏の2名だけw
ちなみにi氏はグランクラスに興味を示さず普通車利用のため、実質新青森集合。
アテンダントさんの見送りつきで下車。いやぁ、コレは くせになる ってやつですねw


↑E5系 U6編成。先端が長い。


↑新青森駅。青函トンネルを経由して函館へ、まだまだ伸びます。

乗車券類を安くするのが目的……でもあるレール&レンタカー。
まっすぐ函館へ向かっても時間を持て余すので、青森付近観光として八甲田山へ。


↑きれいな新青森駅前からレンタカーで出発。

八甲田山ゴールドラインを経て八甲田山へ。ロープウェーは往復1800円とのことで回避w
(グランクラスに興味を示さなかったi氏、ロープウェーには1人で乗っていらっしゃった)


↑八甲田山にて。雪が降ってきて遭難して解散……等の事象は起こらずw

帰りは黒石ICから東北道を利用して青森ICへ、今回は「東北道終点」看板を確認w
(前回2013年3月はパトカーの存在に気を取られて見落としたw)
レンタカーは100kmほど走って返却。やっと車運転の任を解かれたということで……


↑新青森駅構内の日本酒自販機。100円で1種類試せる。
 おいしく頂いたのですが、常温なのでものすごく酔いがまわりやすいww

新青森1843-2047函館 スーパー白鳥31号 (所定時刻)
弁当コーナーが半額タイムだったので、いかめしを250円で入手してから乗り込む。
昼間の東北新幹線停電の影響でやや遅れての発車。
そして先ほどの日本酒の(おかげで/せいで)食後は気持ちよく入眠……(何も覚えていない)


↑半額いかめし(250円)と特急券。

函館到着後、予約しておいたタクシーで函館山へ。夜景ツアー5300円、3人だと1700円/人。
かつての函館観光(2009年9月)でロープウェイの駅へ向かう際に、タクシー運ちゃんに呼び止められてその場でツアー実施してもらって味をしめて、今回は事前予約しておいた……というもの。タクシーツアーは5000円ちょい、ロープウェイで往復すると1200円/人なので、3人以上集まったらタクシーツアーが良いのではないかと。
ちなみに、2009年9月はF氏も函館同行のはずが諸事情により札幌合流だったので、4年越しの伏線回収(?)企画ともいえますw


↑今回はスッキリ見えました

見た後はi氏をホテルへ送り届けてから、F氏とラッキーピエロへ。
調子に乗ってオムライスとバーガーを頼むも、食べきれずにバーガーを持帰りとするw
そして……市電の終電を逃すという凡ミスによりタクシーでホテルへ。。

関連記事

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


月別アーカイブ