記事一覧

(3) まさかのVirsinAustralia搭乗手続きに間に合わず (OZ3日目)

オーストラリア3日目。
コラクからメルボルン空港まで走って車を返し、ケアンズへ飛びます。

8時過ぎに起きて9時頃出発。フロントのおっちゃんは朝も陽気w
A1→M1→M80と順調に走って1115頃に空港エリアには着いたものの、返却方法が分からず右往左往。。
どうも駐車場の入口とは別に、レンタカー専用の入口があったようなのだが分からず、駐車場内にある連絡路のようなところのゲートをHertzスタッフに空けて頂いて返却。。事前調査不足ではありますが、さすがに初見殺しすぎるぞ、メルボルン空港……。。


↑助手撮影、一般道A1の様子。

本日は160km走行、1140頃に駐車場を離脱してターミナルへ。

「いや~ギリギリだったけど間に合ってよかったね~」

とかいいつつ端末を操作すると、締切済の表示orz
VirsinAustraliaは45分前締切(今回の場合は1140締切)なのですね。。カウンターのレディに泣きつくも、この会社はLCCなので

「どうすることもできないわ。諦めて☆」

とのことで。。ジェットスターの空席検索をするも夜まで空きがなく、泣く泣くスカイバスで街へ戻ることに。。

事故でもあって1時間とか2時間遅れて乗れず……ならまだしも、返却地点を探して迷ったりしなければ間に合ったというのが、非常に歯がゆい。。そして160kmも走る割には余裕時間がなさすぎでもあり、今後の行程策定に活かしていきたいと思います。


↑再々度のトラム乗車。


↑街ではユニクロお買い物のほか、郵便局をのぞき見。

その後は航空券代の損失を取り返そう!というわけではありませんが、クラウンカジノへw
航空券1.5枚分くらいヤられて(ぁ スカイバスにて空港へ。


↑最後に乗ったのは連接車でした。

ジェットスターはオーバーブッキングなのか、当日購入の我々はチェックイン機で座席選択しようとするとエラーの表示。スタッフに申し出ると端末上に"unblocked"なる文字が見えつつ無事にチェックイン完了。

メルボルン2025-2335ケアンズ JQ942
今度こそ乗り逃さないように早めにゲートへ……と思ったら、直前まで発表されないシステムw
機材が到着してみて、そのときの空き具合でスポットを割り当てているようです。
1940にゲート発表、みんなぞろぞろ歩いて隅のスポットから搭乗。満席だが定刻で出て定刻で着陸。

ホテルに荷物を放り込んでケアンズでもカジノへ、2時間ほどで夕方の損を回収w
なお翌日はいつものJQ25(B787-8)でいつも通りに成田へ帰ってきただけなので、記事は省略します。
F氏は帰国後、リムジンバスで成田→羽田へ移動してSFJで北九州へ……という強行軍、本当にお疲れ様でしたw


 

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント