記事一覧

秩父鉄道乗りつぶし/りょうもう補充券

行きやすいからこそ放置されていた秩父方面へ。
JR総武線で御茶ノ水へ、丸ノ内線で池袋へ出てスタート。

池袋→川越市~本川越1415
東武東上線に乗る機会というのも非常に少なく、乗るたびにダイヤパターンが変わっている印象。
本日乗車した快速は急行の上位種別(川越市以遠も速達運転)ながら、和光市でわずか5分前に出る副都心線からの急行に森林公園まで追いつかないという設定。相変わらず対都心で池袋・地下鉄のどちらを重視するかが明確でない印象でした。


川越市に着いてみると、池袋を10分後に出た急行が8分後の表示w 本川越駅までは徒歩移動。

本川越1417→所沢1452(ちちぶ19号)1548西武秩父~1600御花畑
所沢から秩父までは特急でも1時間かかるので、レッドアローを利用。
飯能で方向転換するも付近の人々は座席はそのまま……なので、適当に空いてるエリアへ移動。

わずかに設定されている西武線から秩父鉄道への直通列車がどのような経路をたどるのかが非常に気になっていたのですが、単に西武秩父駅近傍の渡り線を使うだけで、短絡線のようなものではありませんでした。


↑レッドアロー号、まともな写真は撮れずw
 西武線から長瀞へ向かう場合はホーム脇をすり抜けるため、西武秩父駅には停車せず御花畑駅へ。

御花畑1626→影森→1655三峰口1701→影森(秩父路8号)熊谷→1905羽生
秩父鉄道というと硬券が豊富なイメージでしたが、今はもう扱っておらず。ただし急行券だけは窓口対応(硬券)でした。
急行は転換クロスシートの車両で、別料金がかかる分の差別化は図られていました。


↑元東急の車両と、元都営三田線の車両。


↑急行は2ドア転換クロスシート。やや飽きつつの羽生到着。

羽生1919→久喜1941(りょうもう46号)2020とうきょうスカイツリー
この時間帯の上りだし……と甘く見ていたら、予想外に帰宅ラッシュ。久喜でドっと降りる。
 (1)久喜からの急行は座れないほどではないものの混雑しそう
 (2)やや攻めた料金設定の特急りょうもう、この時間帯なら夜割で久喜→浅草で310円
 (3)久喜と東武動物公園って手売り特急券(補充券)対応じゃなかったっけ?
というわけで、特急利用としましたw
ホームに特急券売機が1台設置されていますが、乗車口の駅員氏にどうすべきか尋ねると
私が取扱います
とのことで(そのコトバを待っていたw)、手早く特急券を発券していただき、ガラガラの車内へ。
特急車両はやはり快適であっという間に北千住。そしてスカイツリーで下車して六厘舎に寄って帰宅しました。


↑りょうもう車内と特急券。

関連記事

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


月別アーカイブ