記事一覧

(1) スカイマークで成田から米子へ/備後落合 (西日本1日目)

もともとは金・土・日の2泊3日で出かけるはずが、金曜夕方に休めない仕事&飲みが入ってしまい、泣く泣く土日だけでお出かけ。
朝は八幡から京成で成田へ。JR窓口に寄って18きっぷを購入してから搭乗。

成田0845-1020米子 SKY823
米子に飛ばすにしても、成田じゃちょっと……感のあるこの路線。
乗る身としてはガラガラでラクではあるが。。



空港から米子駅まではバスで30分弱、運賃570円。

米子1126→生山→1249備中神代
時間の都合で生山まで特急やくも14号を利用、乗車券+自由席特急券で1500円ちょい。
キャッチコピーの「ゆったりやくも」にひっかけて「ぐったり○くも」等と揶揄されているらしい381系ですが、特に振り子の動きも気にならず。


↑普通列車は末期色……もとい真黄色の115系。

備中神代1310→1424備後落合1434→1558新見1655→1840津山
備後落合駅からは芸備線三次(広島)方、芸備線備中神代(新見)方、木次線宍道方の3方向からの路線が延びています。すなわち乗りつぶしをするためには、3方向のうちどれか1つを折返し乗車するか、同じ方向に2度乗ることなります。
どこか新幹線の駅から備後落合へ直通する高速バスでもあればこの問題は解消するのですが、当然、そんなものは無くw
ダイヤを見ながら思案した結果、備中神代(新見)~備後落合を今回乗りつぶしておき、次の機会に宍道→備後落合→三次→三江線へ……とするのが最も良さそうということで、今回は折返し行程となります。


↑備中神代も備後落合も、駅周辺には何もありません。。

なお木次線は冬の豪雪運休期間のため代行バスを運転中。乗客が少ない場合はタクシーで輸送するようで、備後落合の1つ前(道後山)にて木次線へ乗り継ぐ客数の確認をしていました。


↑新見でプラプラ。和菓子屋頌山堂に併設のカフェへ。新見からはまたまたキハ120。。

新見からは姫新線で津山へ。粛々とJR西日本の乗りつぶしを進めていきます……

 

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



広告



月別アーカイブ


コメント