記事一覧

東京都交通局の燃料電池バス(都05丙)

2017年3月より都営バスで燃料電池車の使用が開始されました。
まずは2台導入して様子をみたのち、2020年東京五輪に向けて導入拡大していくとのことです。
なお初めの2台は深川営業所に配置され、都05丙系統(東京駅~ビッグサイト)にて運行されます。


↑有楽町駅付近にて。デザインが全く都バスっぽくないですが「みんくる」シールは貼り付けられていますw


↑側面表示器は「短冊タイプ」でなくなりました。
 「回送車」や「臨時 東京駅」等を大きく表示できそうです。


↑車両トラブルに備えてか、混雑を予想してかこの日は「所定便の続行」という形で運行されました。
 なお所定便は古参のK代車で、一般客は先に来た所定便に乗るので燃料電池バスはガラガラでした。


↑水素の補充は有明にあるIwataniのステーションにて。


↑初めのうちは午前2往復、午後2往復のみの運行なので、昼間は車庫にいます。

なお燃料電池バスの走行音は非常に静かで、技術の進歩を感じました。
 

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント