記事一覧

日産リーフ バッテリー充電との戦い (1日目)

日進レンタカーのマスコットカーがずっと気になっていたので、日産リーフでお出かけ。
マスコットカーとは、デカデカと会社ロゴが描かれている代わりにお安い設定のものです。

なお電気自動車は初利用。どのくらい充電に悩まされるかの実験的な側面もありますw

前日に走り回った後、夜になると急速充電できる場所が街には無いwということに気がついて焦るも、たまたま家の近くのコインパーキングに非急速充電(200V)があることをフイに思い出し、夜間駐車中に充電。
夜の駐車時に残量20%表示で、朝見てみると262分で充電完了していました。

船堀1120→押上→1230蓮田SA→1320日産館林 84km 充電100%→27%
向島から首都高、浦和から東北道で北上。走れば走るほどに充電は減っていく……w
蓮田SAにて昼食。充電残量が気になりだしたので付近の充電スポットを検索して館林でおりる。

日産販売店(ディーラー)へ行くと急速充電を無料で使わせてもらえますが、そのために高速をおりたり乗ったりというのもナントモ……な感じ。。なおレンタカーでも特に問題なく利用できました。


↑30分が、意外と長いのです。

日産館林1415→都賀西方PA(充電)→鹿沼(宇都宮市街)宇都宮→西那須野塩原→1805日産西那須野
 127km 充電90%→PA充電→残12km警告

後輩に運転交代、高速をガンガン走ると、充電もガンガン減っていくw
ついさっき90%だったのに、目に見える速さで減っていくので都賀西方PAにて再充電実施。こちらは有料。
まだ待ちゼロで使えるからまだ良いものの、100kmくらい何も気にせず走れないと安心して乗れないw


↑再度の30分。

鹿沼でおりて宇都宮市街へ、餃子を色々食べ比べできる「来らっせ」へ。
食後は宇都宮あがりで再度東北道、今度は残量警告も鳴りだしてヒヤヒヤしながら本日3度目の充電。


↑高速を走るのは本当に気が気でない。


↑日産西那須野店。30分待ちの間に飲み物まで出して頂き大変恐縮。

充電後は大田原の宿へ。
関連記事

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント