記事一覧

(2) 日南線のりつぶし (宮崎2日目)

朝食会場が受験生で大混雑。
時間に余裕がないため諦め、駅のトランドールで朝食。

宮崎0651-0812油津 キハ40-8060
2両。早めに並んで順方向窓側に着席、したつもりが逆向きorz
微妙な混雑のまま油津に到着。何かと思ったら油津へ広島東洋カープがキャンプにきているんですね。


↑油津にて、派手なカラーリング。そしてどこへ向かうのか分からないサボ。

油津0848-1006志布志 キハ40-8054
単行。駅間がながいながい。1人だと飽きますね。
到着後は観光案内所でバス停の場所を確認し、鉄道記念公園をちらっと見てバスに乗り込む。


↑志布志にて、単行のキハ40。


↑駅舎と、駅近くの鉄道記念公園。

志布志駅上1033M2-1206M5都城 鹿児島交通バス
歩いて2分の距離なんだから、駅前ロータリーを経由すれば良いのに……と思います。
バス時刻も列車と特に連携していないし、ちょっと残念。途中ちょろっと寝つつ都城まで乗車。路線バスに4桁(1030円)払うというのは貴重な経験です。

都城1239-1327M2隼人 きりしま7号 モハ484-201
ひたすら山。途中で行違いのきりしまが国鉄色3両でした。

隼人1351M2-1424大隅横川 はやとの風4号 キハ140-2066
メインイベントではないため、特に下調べをせずに乗車したわけですが、内装のレベルが高いw
キハ47/140といっても、内装を頑張るとここまで良いものに見えるんですね。駅舎がちょっと話題の大隅横川で下車。


↑嘉例川では撮影のために5分停車時間があります。キハ140と車内の様子。


↑大隅横川駅舎と、はやとの風3号として到着したキハ47。

大隅横川1515-1532嘉例川 はやとの風3号 キハ140-2066
さっきの4号の折返し、乗務員氏含めw
嘉例川には観光バスで乗り付けたツアー団体がホームにいらっしゃり、せっかくの秘境駅もこれではなぁ……という感じ。1日数本しかない列車に乗って、地元民でも降りないような駅に降りて、自然との対話(そこまではしませんねw)というのが秘境駅の醍醐味ではないかと思うんですけどねぇ。

まぁそういう個人の感情は置いとくにしても、バスで乗り付けたツアー団体客が
 有効な乗車券類を持たずに旅客車内に立ち入る
のはさすがにルール違反。物珍しい列車を前に、中を見たい気持ちは分かりますがダメなものはダメ。南国交通観光の企画担当者さん、列車の発着時刻とはズラして設定するなどの配慮が欲しいところです、と苦言を呈しておきます。


↑嘉例川駅舎とバス停。徒歩5分ほど。看板も何もないので要注意。

嘉例川1558M2-1608M6鹿児島空港国内線 いわさきバス
カンで歩いていたらバス停を発見(調べようにもSoftbankは安心と信頼の圏外)。
歩道もなく交通量もそれほどないのでなにか怖いですw 200円で空港に着いて、ちょろっと視察して離脱。

最後に……


↑周遊きっぷのゾーン券。
関連記事

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント